前へ
次へ

化粧品のベースについて

化粧品のベースとは、ファンデーションを塗る前に化粧崩れを防ぐために用いるものをいいます。
ファンデーションを直接肌に塗ってしまうと、時間が経過するにつれて皮脂と混ざり合い、よれたり落ちたりしてしまいます。
顔色が悪くみえるばかりか、隠していた毛穴が目立ったり、シワにファンデーションが入りこんで白浮きしたりします。
また、ファンデーションそのものは肌にとって刺激の強いものなので、シワやくすみ、シミなどの原因になります。
ベースは、保湿成分が含まれていて、肌とファンデーションの間のクッションの働きをします。
肌を守り、かつファンデーションを長持ちさせる効果があります。
しかも、肌色が一段明るくなるので、ファンデーションの厚塗りも防止することができます。

ベースメイクにお勧めの化粧品

メイクはベースによって決まるといっても過言ではないと思います。
アイシャドウやチークはそんなに高いものじゃなくても、ベースがきれいに出来ていれさえすれば、とってもきれいにみえます。
私のおすすめはルナソルのスキンモデリングウォータークリームファンデーションです。
軽い付け心地で潤い感がすごく、つややかな肌が作れます。
ただ、少しお値段が高めなのと、20代から向けなので、10代の方にはおすすめしません。
というのも、若い時に高くていい化粧品をたくさん使ってしまうと、結果として肌を甘やかしてしまうことになり、あまり良くないんです。
30代、40代の方はハリがなくなってきた、シミやシワが目立つということが気になってくる年代の方にはぜひ使っていただきたいです。

Page Top