前へ
次へ

化粧品の紅屋について

化粧品の紅屋は鹿児島県にあります。
化粧品の紅屋は、鹿児島の繁華街である天文館の老舗化粧品店です。
各メーカーのコスメを数多く取り扱っています。
また紅屋はコスメを販売するだけではなく、まつ毛パーマやエステをうけることが出来ます。
ここでおこなうエステの大きな魅力は、国内大手メーカのエステ化粧品を使用することにあります。
さまざまなブランドのコスメを品揃えている紅屋ならではのエステメニューです。
ほかにもカラー診断もおこなっています。
カラー診断では、はじめに素肌の状態を見ます。
メイクオフし、保湿を施したうえで肌の色や瞳の色、髪の色をベースに布をあて診断をします。
ベストカラーが見つかったら、好きなコスメブランドでパーソナルカラーをベースにしたメイクをしてくれます。

江戸自体の化粧品と紅屋

紅屋とは、江戸時代のコスメショップのことです。
江戸時代には、紅花を原料とした化粧品が多く使われていました。
口紅や頬紅など、化粧品に紅という文字がついているのはそのためです。
また、化粧をすることを紅をさすと表現するのも、そのためです。
そうした理由で、化粧品を販売する店のことが紅屋と呼ばれていたのです。
当時の紅屋は、単に紅を売るだけではありませんでした。
店内で紅花を練って、ペースト状にした上で販売していました。
つまり製造もおこなっていたわけです。
しかし徐々に、乾燥により固形にした紅の製造も可能になりました。
すると、製造してから様々な店に卸売りされるようになりました。
現在の、メーカーが作って小売店が販売するという形になっていったのです。

Page Top